LIFE LOG(自分ルーツ綴り。)

自分のルーツを辿りたい!伍 〜祖父が伊藤博文をやたら尊敬している怪〜

※この記事は、2021年8月に某所にて公開した記事を編集したものです。


母方祖母の戸籍にあった住所を軽く調べました。

愛知県→城下町
伯耆国(ほうきのくに)鳥取県)→城下町
加古郡(かこぐん)兵庫県)→万葉集「いなみ野」と詠まれていた
都濃郡(つのぐん)山口県)→周南市が城下町

その他戸籍にあった住所も、だいたい城下町など。


万葉集道後温泉愛媛県松山市

・祖父はなぜかやたら初代内閣総理大臣伊藤博文を尊敬していて、伊藤博文は、山口県周南市のお隣、光市出身。


遠縁の僧侶さんが

「愛媛と山口県は仲が悪かったですからね。その辺はどうなんでしょうかね。」 

と、仰っていましたが…?


明治42年伊藤博文三津浜松山市)を訪れていて、それから数年後、大伯母誕生。
曽祖母(祖父の母)は、松山の三津浜出身。

曽祖母の戸籍が残っていたら取寄せます!


伊藤博文を軽く調べると・・・

林氏(伊藤氏)林氏は本姓越智河野氏の支流といわれる。家紋はもと「折敷に三文字」だが、伊藤姓に改姓以後「上がり藤」を用いた。博文自身の語るところ[注釈 14]によれば、「先祖は河野通有の裔で、淡路ヶ峠城主の林淡路守通起である」という。


Wikipediaより引用


・祖父が伊藤博文を尊敬してたのは、ただの気まぐれではなく、キチンと意味があった?
(※祖父はちょっと天然?なので、素なのかなんなのかわからないこと多数)

・大伯母の名は、伊藤博文の子から名付けた?

さすがに伊藤博文とうちの家系は、直接関係はないと思います。
行き着く先?はどっちみち、遥か彼方の藤原氏


曽祖母は大正初期に曽祖父が亡くなったあと、私の祖母の親戚と再婚しています。


私の母いわく

「おじいさんのお母さんはの、おじいさんのお父さんの仕事仲間と再婚したんじゃが。
警察関係の仕事しよった人よ。
おじいさんらは警察一家。
よいよ、警察ばっかりなってからに、どがにするんで。」

とのこと。


※祖母の方の金子姓の戸籍には職業軍人らしきかたが出てて、職業軍人らしきかたの、ある届けを受附した陸軍大将 梅津美治郎(うめずよしじろう)の名前があります。
金子姓のご先祖は、戦死されたか…戦犯か何かかと推測しています。

合掌