LIFE LOG(自分ルーツ綴り。)

自分のルーツを辿りたい!陸

※この記事は2021年8月に某所にて公開した記事を編集したものです。



前の記事にも書きましたが、さすがに伊藤博文と直接関係ないとは思います。
ちょっとワケがわかりません。
よくわからないまま調べられるだけ調べてはいますが、頭に入りません。


・藤紋の基本は「下り藤」
千町(せんじょう)の伊藤一族の家紋は「下り藤」と「庵木瓜(いおりもっこ)
伊藤博文の家紋は「上がり藤」
・「下り藤」の後に「上がり藤」ができた。
・祖父らは、藤の花が好きだった。


・松山付近の大浜八幡にある伊藤博文像に尾崎行雄
・祖母の戸籍にある鳥取の尾崎家の人が都濃(つの)山口県周南市)の金子家の人と結婚
その家族らが明石(兵庫)、名古屋(愛知)、宇品(広島)
・明石は淡路島に近い (※淡路島と伊藤博文

明治元年(1868年)兵庫港(今の神戸港)ができた。
兵庫県が置かれ、伊藤博文が知事になる。

・母は高校卒業後(?)一時期兵庫県宝塚市の近く)にいた。


母いわく、兵庫に知り合いがいたとのこと。
その知り合いとは、知り合いの社長さんらしいです。
(※知り合い=親戚???)


昔祖父が忠海(ただのうみ)の話をしていたし、「鹿が海を泳いどっての〜^^」と話していました。
(宮島付近?たちまち瀬戸内海)
広島県竹原市河野通直(こうのみちなお)の墓 
河野通直の父は村上水軍来島水軍)の大将、村上通康(むらかみみちやす)
伊藤博文のご先祖は、河野氏
(※河野氏は越智氏流)
小早川隆景(こばやかわたかかげ)竹原市


少し調べると、

有名な村上水軍は、形式的には河野氏の配下であるが、独自での活動も活発であり必ずしも従属関係にあったわけではない[要出典]。伊予の水軍は大三島大山祇神社を崇拝し、祀りを執り行うことが習いであった。


Wikipediaより引用


広島県竹原市忠海大久野島(おおくのしま)(毒ガス製造や、うさぎの島)の近くの大三島(おおみしま)(愛媛)、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)を初代総理大臣の伊藤博文が参拝した。


愛媛県松山市 畑寺の交差点

畑寺の交差点に、伊藤博文の新しい記念碑ができた。石碑には、伊藤博文の祖先
林氏が、桑原の淡路ヶ峠城主であったこと、秀吉の四国攻めで敗れ中国地方に逃れた
こと、博文が道後温泉に来たとき淡路が峠に向かい合掌し、「祖先の供養をしたい」
と言われたことが記されている。


松山の資料 知恵の輪より引用


・祖母の戸籍に桑原姓アリ

①現奈良県である大和国葛下郡桑原郷が起源(ルーツ)である、新羅帰化族。ほか中臣鎌足天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。藤原南家
②菅原氏。
③越智氏(物部氏の子孫)などにもみられる。

桑の広がる原野や広い地域が語源


名字由来netより引用


・・・よくわからないけど、そのうち何かわかってくる気がします。


ランキング参加中

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


私のルーツを辿る記事は、随時更新予定。
応援よろしくお願いします!