LIFE LOG(自分ルーツ綴り。)

秋の初めのアイロニー 〜愛媛県今治市の船沈没事故〜 

※この記事は令和3年9月に公開しました。

私の祖母や、母が生まれ育った愛媛県今治市、大島の宮窪に詳しいかたから「宮窪むかしむかし」という本を教えて頂き、購入しました。

昨日届いて、一通り読みました。

この本の著者、宮窪名誉町民の矢野氏は、私の祖母や親戚らをご存知だったのだと思います。
祖母の家のことや、親戚のことがいろいろ判ってきました。

「宮窪むかしむかし」を読んで、3件の船の事故を知りました。


・1945年(昭和20年)11月6日
今治市伯方島(はかたじま)沖で起きた旅客船
「第十東予丸沈没事故」(だいじゅうとうよまるちんぼつじこ)
定員209人にたいし、乗客は521人。
死亡401人。行方不明14人。

当日、午前七時出航の第十東予丸は、定刻よりやや遅れて出港した。定員二百十名のところ、複員軍人約三百名と、一般乗客等計五百十九名の上に、手荷物を満載していた。見るからに少し傾いて危げに見え、次便を待つ人もあったという。当日は晴天ながら波浪が強かった。九時半ごろ、伯方島六ツ磯の南西二キロメートルの沖合に差しかかった際、折からの突風を受けて、大ゆれに二三回ゆれた瞬間、転覆した。乗客手荷物等の過剰積載のため、復元する力を失い、またたく間に沈没した。


宮窪むかしむかしより引用


「第十東予丸沈没事故」の翌年、1946年(昭和21年)11月16日 
「宮窪丸沈没事故」(みやくぼまるちんぼつじこ)

昭和二十一年十一月十六日、午後二時出発のはずであった宮窪丸は、土曜日のため、学生の帰省も多かったので、出かけては、遅れ客に呼びもどされること四回であった。これがこの船の平時からの習慣で、人情的な良さであった。しかし、この人情が仇となって遭難した結果になったという者もあった。以下、だれ彼から聞いた事を記録する。当日は、旧十月十一日、風もなくおだやかな天気で、潮も小潮であった。けれども、定員の三倍以上も乗っていた。馬島・仲渡間の中水道の潮筋に出た時、たいした潮流でもないのに、船のおもてを突っ込んでしまった。船室に入れぬ客が上に一杯で、人通りもできないほどであった。船も改造して、船体を長くしたものだったという。


宮窪むかしむかしより引用


今治港を十三時四十分に出航した宮窪丸は、大島の宮窪を目指す途中、沈没しました。
・事故原因 乗客定員51名のところ、205名乗船。
戦後の混乱により、船不足。動いている船も老朽小型船。


― 宮窪丸の事故の犠牲者の中に、祖母の妹の名前がありました。
犠牲者の慰霊碑もあるようです。
慰霊碑が復元されたのは、2016年と最近のことで、それまでは埋もれていたようです。
終戦後、満州から引き揚げた祖母が、妹に会えたのかわかりません。私も昨日までまったく知りませんでした。
戸籍の字がかすれていて、わかりにくかったです。

これで、祖母のご先祖の菩提寺が判りました。


1947年(昭和22年)には、福盛丸が沈没しています。
余所国(よそくに)からも犠牲者が出ているようなので、その中には、親戚がいてもおかしくはないと思います。

※「宮窪むかしむかし」を読んで、あくまで私の推測になりますが…
福盛丸を所有していたのは、私の曽祖父か、親戚だと思います。
「宮窪むかしむかし」には、福盛丸所有者が犠牲者に挨拶回りし、お悔やみを述べ、お見舞金とお香典を差し出して帰ったと書いてありました。
お見舞金とお香典は相当な大金で、福盛丸船主が供養碑も建てたそうですが、犠牲者のご遺族の気持ちを考えると、正直複雑な心境です。

戦後の混乱の中なので、いろいろ仕方ないと言えば仕方ないと思います。
ただ、今回のことがご先祖を調べてる中で一番悲しいし、できればもっと早く知りたかったです。


第十東予丸沈没事故・宮窪丸・福盛丸の事故で亡くなられた方々へ
謹んでお悔やみ申し上げます。